失くしたものを取り戻す|キレイな肌をレーザーで再生|毛穴をキレイにする
レディ

キレイな肌をレーザーで再生|毛穴をキレイにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

失くしたものを取り戻す

胸

どんな方法か

乳がんのような病気で乳房を失ってしまうことがありますが、現在では形成外科も非常に発達してきていて乳房再建が大きく進歩しています。まず選択肢が大きく分けて2つあって、1つは人工物を用いた方法と自分の組織を他の場所から持ってきて再建する方法があります。どちらを選ぶにしても長所や短所があるのできちんと理解してから方法を決めていく事が重要ですぐに判断することは避けた方が賢明です。人工物を使う方法の場合は傷跡が1箇所で済むので完治までのスピードが早くなりますし、皮膚の色調が同じなので気にならなくなります。自分の組織を使う場合は違和感がなく柔らかいという特徴があり、加齢に伴って多少下垂していくので自然な感じで過ごせます。これらは利点ですが、逆の事が欠点になってくるので慎重にどちらを選ぶか決める事が重要できちんとカウンセリングを受ける事が大事です。

その人にあった方法

乳房再建は非常に奥の深い分野で同じ悩みの患者は1人もいないと言えるぐらいその人によって要望が違ってくる部分です。乳がんで乳房温存術を受けたとしても全くイメージしていたものとは違ってしまい乳房再建を受けることになってしまう場合もあります。手術の場合は最初のカウンセリングが非常に重要で自分の場合はどういう状態になる可能性があるのかしっかり確認しておく事が重要です。人口物で再建を行なった場合は乳房切除からの期間にもよりますが、日帰りで帰れるほど負担が少ない処置になってきているのが大きな特徴です。乳がんで乳房再建した場合でも後日定期健診がありますが検査の際に邪魔になることはなく本物と同じように検査出来るのも大きな特徴です。